米国で新型コロナウイルスが感染拡大する中、ハリケーン「ハナ」により数百万ドルの被害

Japanese Radio 4 views
新型コロナウイルスのパンデミックで世界で最も厳しい状況にある米国は、ハリケーン「ハナ」により、現時点で数百万ドルの被害が出ています。

イルナー通信によりますと、ハリケーン「ハナ」は、米テキサス州南部に上陸し、同州のグレグ・アボット知事は、州内32地域に緊急事態を宣言しました。

一時は20万戸近くの住宅が停電し、今でも一部の地域でこの停電が続いています。

テキサス州最大の電力会社の1つテキサス・エレクトリックは27日月曜、6万戸以上の住宅の停電が続いていることを報告しました。

「ハナ」はまた、港湾にも被害を及ぼし、インターネット上で公開された動画では、港に係留中の小型船舶に被害が出ていることが分かります。

歩道や路上では、瓦礫が散乱したり窪みができて危険な状態にあり、一般の人々の安全が懸念される、とされています。

約400ミリの降雨をもたらしたハリケーン「ハナ」により、テキサス州南部の一部は激しい洪水に襲われました。

3年前の2017年にテキサス州を襲ったハリケーン「ハービー」では、100人以上が亡くなり、1250億ドルの被害が出ました。

発表された報告によりますと、テキサス州では約40万人が新型コロナウイルスに感染しており、これまでに6300人近くが死亡しています。

米国では、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、人種主義に反対する抗議行動も続いています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

Related

Add Comments