イスラエルの対レバノン攻撃

Japanese Radio 12 views
イスラエル軍が27日月曜、レバノン南部の丘陵地帯及び占領地ベエル・シェバの農地を攻撃しました。

イスラエルによる今回の攻撃の後、シオニスト系のメディアの一部はレバノンのシーア派組織ヒズボッラーとイスラエル軍がベエル・シェバにて砲撃戦を行った、と報じました。

これに対し、ヒズボッラーはこうした報道を否定し、パレスチナ領内での勢力拡大作戦や、パレスチナ抵抗グループ側に殉教者や負傷者が出たとする報道は事実ではなく、偽りの勝利の捏造に向けたシオニストの工作に過ぎない、と表明しています。

ヒズボッラーは27日月曜、声明を発表し、イスラエルメディアの報道内容を否定するとともに、「被占領地パレスチナ内部にまでのり込んでの作戦や抵抗軍兵士の殉教・負傷に関するイスラエル・メディアの主張は、事実とは異なっており、空想上かつ偽りの勝利を捏造するためのシオニストの工作に過ぎない」と表明しました。

この声明ではさらに、「レバノン国境地帯で、占領軍やシオニスト入植者らは、ヒズボッラー側の戦士1名を殉教にいたらせたという犯罪に対する抵抗軍の反撃を強く懸念し、恐れおののいている。このため、レバノン国境における占領軍と入植者らの恐怖、臨戦準備、ヒズボッラー戦士1名を殉教させたという犯罪への抵抗軍の反撃への強い懸念、これらが、シオニスト政権がメディア空間や戦場で恐れおののき錯乱している原因である」とされています。

ヒズボッラーはまた、「抵抗軍は全く応戦しておらず、イスラエル政府側の言い分はすべて誤りであり、この砲撃は一方的なものだった」としました。

そして、「当組織の戦士1名の殉教及び、レバノン国境の集落における28日火曜の民家への爆撃を、抵抗軍は決して無反応でいることはなく、必ずこれに報復する」としています。

レバノンのアルマヤーディン・テレビによりますと、レバノンのハッサン・ディアブ首相は28日火曜、同国国防最高評議会において、「イスラエルは、危険な軍事行動に手を出しており、UNIFIL国連レバノン暫定駐留軍の任務や紛争関連の法規を変えようとしている」と述べています。

また、今後のパレスチナ国境地帯の状況に関しても警告しました。

2006年のイスラエルによるレバノン侵攻(33日戦争)の終結後に採択された、国連安保理決議1701は、イスラエルによる対レバノン敵対行為を禁じています。

しかし、イスラエルはこの決議を無視して、常にレバノンの陸・海・空の全領域を侵犯しています。

 

https://parstoday.com/ja/news/middle_east-i64183

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

Related

Add Comments