サリーフ外相「核合意はイラン国民の栄誉の文書」

Japanese Radio 7 views
イランのザリーフ外相は5日日曜、国会の公開会議において、「核合意はアメリカに強要された文書であり、このこと将来が示すだろう」としました。

ザリーフ外相は5日日曜、国会の公開会議において、議員らに対し「親愛なる友人よ、アメリカを超大国を見なしてはならない。核合意はアメリカに強要されたものだ」と語りました。

また、「歴史は核合意はイラン国民の栄誉の文書であることを証明するだろう|とし、「アメリカの行動は、経済分野での横暴な行動、言い換えれば、“経済テロ”である」と述べました。

さらに「アメリカは、新型コロナウイルスも安全保障上の問題としている」と指摘し、「アメリカは、自国の利益維持のために中国に対し厳しく対応し、コロナウイルスが安全保障面での1つの変化であるかのように振舞っている」と語りました。

ガーリーバーフ・イラン国会議長は、国会において政府や外務省に対し、アメリカの理不尽な要求に対抗し、核合意でのイランの責務の縮小措置を実行するよう求めました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Related

Add Comments