ミャンマーのヒスイ鉱山で地滑り、死亡者が166人に

Japanese Radio 9 views
ミャンマーの当局らが、2日にミャンマー北部カチン州パカンのヒスイ鉱山で地すべりが発生し、これによる死亡者数は166人に達したことを明らかにしました。

ファールス通信によりますと、ミャンマー消防当局は、ヒスイ鉱山で発生した地すべりで、新たに他の遺体4人が泥の中から発見されたことにより、この事故の死亡者が166人に増加したことを報じました。

ミャンマーは世界最大のヒスイの産地であり、また、中国はその最大の買い手の一つであるということです。

ミャンマー北部カチン州パカンのヒスイ鉱山の付近で、鉱山廃棄物を積み上げていた山が、水が溜まって池のようになっていたところに崩れ落ち、それにより引き起こされた土砂と水の波が採掘労働者を飲み込みました。

ヒスイは高価な宝石の一つで、装飾品としても使用されます。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

 https://soundcloud.com/user-614960283

Related

Add Comments