香港で、抗議者と治安部隊が衝突

Japanese Radio 19 views
情報筋が、香港で抗議者と治安部隊が衝突したことを明らかにしました。

フランス通信によりますと、香港で治安部隊が27日水曜、抗議者らに向かって催涙ガスを噴射し、これが双方の衝突に発展しました。

これまでに、この衝突による物的被害や負傷者などに関する報告は出されていません。

香港駐在の中国軍司令官は26日火曜、香港に対する米国の内政干渉に反発し、中国として香港を防衛する用意があるとして警告しました。

香港のキャリー・ラム行政長官も最近、「香港は、国家安全保障法案の施行にあたり中国政府と協力する用意がある」と表明しています。

香港では、中国本土への容疑者の引渡しを可能にする「逃亡犯条例」の改正案への抗議行動や英米によるこの改正案の手段としての悪用の結果、暴動や騒乱が長期に及び、このほど国家安全法の制定方針が打ち出されました。

香港は、1842年から1997年までイギリスの植民地支配下にありましたが、1997年に中国に返還されています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Related

Add Comments