香港当局が、抗議デモを背景にしたテロ脅威を指摘

Japanese Radio 8 views
香港の李家超(ジョン・リー)保安局長が、「香港ではテロリズムが増大しており、国家安全保障に損害を与える活動が一段と広がっている」としました。

李局長は「香港ではテロが増え、『香港独立』を求める訴えなどの国家安全保障に損害を与える活動が一段と広がっている」と指摘しています。

同氏によると、24日日曜に行われた抗議デモでは、過激かつ暴力的な行為が見られました。

李氏は「香港の国家安全保障を守るための法制度、及び執行メカニズムの確立と向上に関する中国全国人民代表大会の決定案を、全面的に支持する」と述べ、この決定は「香港が正しい道に戻ることを可能とし、香港の長期的な繁栄と安定を提供する」と指摘しました。

香港ではこの数か月間、比較的穏やかな状況が続いていましたが、24日に大規模な反政府デモが行われ、180人以上が拘束されました。香港の人々は、市内における中国特務機関の権限を大幅に強化する国家安全法の導入に反対しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments