チリ警察が、貧困層の抗議者と衝突

Japanese Radio 4 views
チリ警察が、首都サンティアゴのスラム地区で抗議者と衝突しました。

19日火曜のロイター通信の報道によりますと、この衝突は特にサンティアゴで、新型コロナウイルスの感染拡大に対処するために行動制限が出されたことにより生じました。

一部の地元当局者は、サンティアゴでも最も貧しい地域の1つであるエルブスケで、食糧不足が生じていると報告しています。

サンティアゴの南にあるこの地区での衝突の様子を撮影した動画には、催涙ガスと散水車を使用して抗議者を分散させようとしている警察の様子が映っています。

その一方で、抗議者たちは警察隊に向かい投石や、道路で材木に火をつけるなどをして抗議しています。

アルブスケ地区を管轄する役所は、声明の中で、「この地区の住民は飢えている」と発表しました。

この地区は、先月中旬から封鎖されています。

チリのセバスティアン・ピニェラ大統領は現地時間の18日月曜、数日のうちに250万個のフードパックが国内に配布されると語っています。

サンティアゴは南米で最も繁栄している都市の1つですが、市内には大きな貧富の差が存在します。

チリでは昨年末に、国内の不平等がもととなり大規模な抗議行動が起こりましたが、年金の増額などといった抗議者の要求の多くはまだ実現に至っていません。

公式の統計によりますと、チリではこれまでに4万6000人以上が新型コロナウイルスに感染しており、そのうち478人が死亡しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments